虹のマドリガル
[編成] ギターアンサンブル(Guitar Ensemble)
[演奏時間] 15分
[作曲年] 2010.6.30
[初演] 2010.12.4 西東京市保谷こもれびホール
   第44回成蹊大学ギターソサエティー定期演奏会
   花村有佳(Cond.)成蹊大学ギターソサエティー
[委嘱・献呈] 成蹊大学ギターソサエティー

虹のマドリガル
Rainbow Madorigal

イタリアで起こった歌曲の形式である「マドリガル」は、中世とルネサンス時代にそれぞれ別個に存在している(その2つには特に関係がない)。
また「甚句」は、江戸時代に成立したと思われる日本の民謡の形式で、これもまた地域によりさまざまな形で存在している。

全部で6つの楽章からなるギターアンサンブルのための「虹のマドリガル」は、「マドリガル」と「甚句」という「歌」の装いを借りて、一日の時間の経過の中に落とし込んだ一連の組曲となった。

1.マドリガル I(朝の歌)
2.甚句 I
3.マドリガル II(昼下がりの言葉)
4.甚句 II
5.夕立と…
6.虹のマドリガル

4、5、6楽章は続けて演奏される。

[試聴] 1楽章[4:08] mp3

   2010.12.4 西東京市保谷こもれびホール
   第44回成蹊大学ギターソサエティー定期演奏会
   花村有佳(Cond.)成蹊大学ギターソサエティー
[出版] RaKuDa PUBLISHING Plus+
[録音]

[備考]



さっきのページにもどる
Works のページにもどる