春の記述法
[編成] ギター、チェロ、ピアノ(for Guitar, Violoncello and Piano)
[演奏時間] 4分
[作曲年] 2011.3.2
[初演] 2011.4.7 東京オペラシティリサイタルホール
   CD「シシリエンヌ」発売記念 下森佳津美&竹内永和リサイタル
   竹内永和(Guitar)、村井将(Violoncello)、下森佳津美(Piano)

春の記述法
Described April

ギター、チェロ、ピアノという編成は一見とりまとめにくそうな組み合わせではあるが、すべて弦楽器であるということ、そしてチェロにpizzicato を多用させることで減衰振動の楽器としての共通項を見いだすことができる。そこからまず始めに思いついたのは、1本の線を白いノートにラフに描いていくイメージだった。

春はざわざわしているものだ。そしてもどかしく、ときに苦いこともある。
周到な計画のない、ほとんど即興の、春についての記述法。

[試聴]
[出版] RaKuDa PUBLISHING Plus+
[録音]

[備考]



さっきのページにもどる
Works のページにもどる