埼玉日記 2009年8月

埼玉日記


2009年8月

31日


アレンジ(少しだけ作曲も)を担当した舞台音楽の初合わせで西大井へ
のち、早い夕刻に魚屋さんが経営している飲み屋へ皆で速攻
参加者は
クラリネット(B型)
チェロ(B型)
バリトン(B型)
壺井(B型)
飲み屋だけ途中参加のピアニスト(B型)
最強

25日


サントリーサマーフェスティバル「音楽の現在」を聴く

16日


学芸大学駅 千本桜ホールでSTAGE STATION 第11回公演を見る
演目はウージェーヌ・イヨネスコ「授業」と山本周五郎「偸盗」
帰りにすぐ近くの珈琲と紅茶とバロック音楽「平均律」
すてきな喫茶店

15日


蓑虫のような何か

このあと髪の毛が散らかりまくることになる

14日


Mac OS X 再インストールメモ IM編

システム環境設定
>言語環境>言語
 言語リストの3番目に한굴を持ってくる
言語環境>書式
 特に変更なし
言語環境>入力メニュー
 キーボードビューアにチェックを入れる
 Hangul のGongjinCheong Romaja 2-Set Korean にだけチェックを入れる
 U.S., French, German, Italian にチェックを入れる

ことえり環境設定
 「/キーで入力する文字」を・(中黒)に変更
 入力文字幅の設定「数字を全角で入力」のチェックを取る
 ~/library/Dictionaries/ のユーザ辞書を上書きする

・・・しかしこのページShift-JIS で始めたのは間違いだった
한굴じゃなく素直に한굴って書きたい

12日


Mac OS X 再インストールメモ

自分であとから入れたフォントはすべて ~/Library/Fonts に入れてあるからわかるが、ちょっとお試しでインストールしただけのApplication に付属してきたフォントはさすがに全部は把握していないし、しかも /Library/Fonts とか /System/Library/Fonts とかに入っていたりするので用心しなくてはいけない

RaKuDa PUBLISHING で基本フォントに使っているGaramond Premier Pro がOsaka に置き換わっていてあせった

7日


宮澤賢治の勉強

原文 筑摩書房 宮沢賢治全集第一巻より
〔東の雲ははやくも蜜のいろに燃え〕

東の雲ははやくも蜜のいろに燃え
丘はかれ草もまだらの雪も
あえかにうかびはじめまして
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします
ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲のなかやあるいはけぶる青ぞらを
しづかにわたっていらせられ
また四更ともおぼしいころは
やゝにみだれた中ぞらの
二つの雲の炭素棒のあひだに
古びた黄金の弧光のやうに
ふしぎな御〔み〕座を示されました
まことにあなたを仰ぐひとりひとりに
全くことなったかんがへをあたへ
まことにあなたのまどかな御座は
つめたい火口の数を示し
あなたの御座の運行は
公式にしたがってたがはぬを知って
しかもあなたが一つのかんばしい意志であり
われらに答へまたはたらきかける、
巨きなあやしい生物であること
そのことはいましわたくしの胸を
あやしくあらたに湧きたゝせます
あゝあかつき近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あらたにあなたがお吐きになる
エステルの香は雲にみちます
おゝ天子
あなたはいまにはかにくらくなられます



壺井超訳
〔東の雲ははやくも蜜のいろに燃え〕

(夜明けが迫ってきて)東の空が明るくなってきました
丘の枯れ草とかまだらになっている雪(この詩が書かれたのが4月20日なので岩手とはいえ雪もほとんど消えかかっている)も
(これまで夜だったのでよく見えていなかったけど)ぼんやり見えてきました
そういうわけで「あなた=月」の照らしていた冷たい夜は
もうこの山のどの谷でもまもなく終了です
一晩中私は「あなた」を振り返り振り返りしながら山を歩いてきましたけど
「あなた」は巻雲(おぼろ雲)の中とか霧(霞?)でけぶっている青空の中を
静かに移動してましたね(もとい、渡っていらっしゃいました)
また丑の刻(午前1時か2時くらい)の頃には
やや乱れ気味の雲のある中ぞら(南中のこと?)にあって
まるで二つの炭素棒みたいになっている雲の間に「あなた」がいるのでそれは炭素アーク灯(空気中でのアーク放電による発光を利用した照明のこと。電極に炭素棒を用いて空気中で放電させる。Wikipedia より)みたいで
古い金色の輪っかの光のようで
それは貴人の玉座みたいなもんでした
ホント「あなた」は「あなた」を仰ぎ見る人間みんなに
ぜんぜん違うことを考えさせたりしますね(ウサギが餅ついてるとか、お姫様が帰っていくとか、狼になっちゃうとか[もっと高尚な意味で言っているのかも])
ホント「あなた」の丸い玉座は
<ここ不明>つめたい火口の数を示し<不明ここまで>
「あなた」の丸い玉座の移動の仕方は
物理法則通りに動きますよね
しかも「あなた」は一つのかんばしい意志ですらあると思うのです
なぜなら我々地球は「あなた」の引力で海の満ち引きとか出産とかにもはたらきかけるぐらいの
大きな怪しい生き物みたいだと思うからです
そんなこんなを考えて
わたくしは胸がわくわくするのですよ
明け方が近づいて(でもまだ太陽出ていないので)気温はどんどん下がって雲が凍る感じになって
でやっぱりそこらへんがどんどん明るくなって
「あなた」が吐いているような気がするエステル(カルボン酸等の有機酸や硫酸等の無機のオキソ酸が、アルコールと脱水縮合してできた化合物=果物の香りがする)の香りが
そこら中にします
おお「天使=あなた=月」
まもなく夜明けです、「あなた」はいま急に暗くなっていきます(そして朝日が昇る!)

1日


ベランダから花火が見れたよ